不眠治療法

不眠症に陥った時

ある日、身内の不幸がありました。その日はいろいろな事をやらなければならなかったので、とても忙しく悲しみも重なり眠る事ができなくなっていました。疲れているのにもかかわらず眠れなかったので、おかしいなと感じていました。
次の日になると、まだ方々よりお線香をあげにきたりと忙しい日が続き、とても眠れるような状態にはなりませんでした。
自分的にはゆっくり寝たいというような思いもなかったのですが、その日も不思議と眠気を感じる事もなくせかせかと動き回っていました。
結局2日間眠ることが出来ませんでした。
自分は仕事を休んで田舎に帰っていたのですが、もう休み期間が終了してしまうので帰るということでアパートに戻る事にしました。
戻ってから疲れてぐっすり眠れるのだろうかと思いきや、何と眠らないのが癖になってしまったのか眠れる事が出来ず、このままだと睡眠不足でやばいかもしれないと思ってしまいました。
そこで悲しみもあるし、眠れないままだと体にも悪いしと思い、友達を誘って居酒屋でお酒を飲んだらどうだろうと思い、居酒屋へ。
あまりお酒は好きではなく、程よく酔って終わる自分でしたが、その時は何とワインを3杯くらい飲んだだけでアウトでした。
何とか歩く事は出来ましたが、たったのワイン3杯で道路に倒れたりしてふらふらになりまともに歩けなくなってしまいました。
きっとずっと寝ていないからすぐに酔いがまわったんだろうと思いました。
その結果、ぐっすりと眠れる事に成功し、何と次の日の夜までずっと寝ていて、訪ねてきた人や携帯電話がなっても気づかず本当に死んだように眠れる事が出来たので良かったなと今は思います。
まだ眠いなという気持ちすらなかったので気持ち良い夜を迎えられました。

 

ゾロフト通販