不眠治療法

困った不眠症は、医者に行こう

 不眠症は大別すると、寝られた実感がないものと、本当に眠れていないものに、分けられると思いますが、いずれにしても、心身に支障をきたすのは、あまりよろしくないですね。
 個人的に、病気にて、不眠恐怖症です。要するに、実際に寝られない、または、自分自身に実感が無いの両方を伴うのですが、それ以上にそこから心身の不調をきたすのを、過度に恐れ、生活に支障が出るという、ややこしい構図です。
 私のようなケースは、不眠の元が精神科にありますので、きちんと医者に診てもらい、薬を処方してもらった方が、ややこしいことにならずに、済みます。
 一般的に不眠症は、心療内科などの医者にかかるに越したことは無いと思うのですが、程度問題でしょう。
 不眠の頻度や、期間が人に話して驚かれるようであれば、医者に言った方がいいですし、私のように、不眠であること自体が、生活に差し障る場合も、やはり相談に言った方が良いですね。
 ちなみに、よく一言で睡眠薬と言いますが、正確には睡眠導入剤と、睡眠薬に分かれます。
 導入剤は寝つきを良くするもの、睡眠薬はもっと、継続して作用するものです。
 よって睡眠剤は、日中眠いという副作用は出がちですので、そのあたりは、医者にかかり、薬を処方してもらう場合は、よく薬の特性を聞いておきましょう。
 不眠解決法は、ある程度リズムのある生活を送ることと、体を動かすことです。現代生活はどうしても頭の身を使うことになり、リズムが狂いがちです。
 適度な運動は、睡眠の質を上げることに、つながりますので、楽しくウォーキングなどをしてみましょう。

 

スマホ料金の節約