不眠治療法

不眠症の種類と対策

不眠症にはさまざまな種類がありますが、その中でも病気が原因となっている場合があるということです。そしてもっとも多い原因としては「ストレス」「緊張」などが原因になっているということです。
そして不眠症の種類としては、「入眠障害」といって、なかなか寝付けない症状の不眠ということがあって、しかし寝付きは悪くても一度寝入ってしまうと朝まで寝てしまうということがこの「入眠障害」としての特徴です。
ほかに「熟眠障害」や「中途覚醒」などがありますが、寝つきが悪く「眠りが浅い」というのが「熟眠障害」で、この場合長時間寝てもなかなか疲れがとれにくいというのが特徴です。そして「中途覚醒」というのは夜中に何度も目が覚めてしまうというタイプの睡眠障害で、そのために睡眠をとろうと思っても逆に疲れてしまうのが特徴です。
そして「早期覚醒」といって、自分が思っている時間よりもかなり早く起きてしまって、それからはなかなか寝付けないなど熟睡はしているが長時間眠れないなどの睡眠のタイプがあるということです。
不眠症の対策方法としては、不眠症の原因として「運動不足」や「寝すぎ」ということもあって、生活習慣を変えてみるなどすることで症状が軽減されるということもあります。
昼間ほとんど体を動かさないでゴロゴロとしているだけでは睡眠のためのリズムがおかしくなってくるのは目に見えているということですね。
それには、昼間に軽い運動をするとか寝る時間・起きる時間というふうに生活にリズムをつけてみるなど必要です。

 

生理前のニキビの予防法