不眠治療法

心配事があると気になって眠れません

普段は問題なく眠れるのですが、その日何か変わった事があると眠れないことがあります。

 

その事について、お布団に入るまでは何も考えていなかったのですが、寝ようかとお布団に入った途端に、今日あったことが回り灯籠のように頭の中を巡り始めるのです。

 

済んでしまったことをあれこれ考えても仕方がないと思うのですが、そう思えば思うほど頭の中ではその事が膨張してくるのです。  

 

こんなことを友達に聞いてもらいますと、「私だって、そんなことはしょっちゅうあるわよ」と聞き流されてしまいます。

 

しかし眠れなくなるのは事実だから何とも言いようがありません。

 

私は神経質すぎるのだろうかと、更に悩んでしまうのです。やはりこのような問題は自分自身で解決しなくてはならないのかと思います。  

 

最近気になって眠れなかったことは、体の不調のことです。背中が時々痛くなるのです。

 

特に右肩甲骨の下あたりが痛いのです。10日間ほど痛みは続いています。その間、時々痛みがなくなることもあるのです。

 

しかし布団に入るとその事が気になって、もしかしたら悪い病気ではないのだろうかと思い巡らすわけです。

 

その夜は3時か4時頃まで思い巡らしていて、いつの間にか眠ってしまいました。  

 

クヨクヨと根拠もないのに悩む癖は自分自身の努力で早く治すようにしなくてはなりません。

 

今は健康の事を書きましたが、仕事のこと、子供のこと、経済のことなど、悩みの原因は色々あります。

 

焦ってできることならやるべきですが、健康問題を除いては自分ひとりの力ではどうしようもないことばかりです。

 

私が考えた対処法は、何とかなるさと思い、気長に、気軽に構えるようにしています。